夜足が攣る(痙攣)防止の体操|肩こり・腰痛・顎・慢性の痛みなら広島県廿日市の「なかまる整骨院」へ

スタッフブログ

夜足が攣る(痙攣)防止の体操

脚が攣る原因には、姿勢による血管圧迫、大汗をかいての塩分不足、疲労などが考えられますが、

殆どの場合は、

痙攣をおこす側の脚に、重心が偏って、「血管圧迫や疲労」で起こりやすいです。

 

だから、立つときに、両脚に均等に体重が乗るように立つ努力をしてみてください。

 

対処療法ですが、脚が攣らなくするストレッチを伝授します。

簡単ですが、

寝る前に、足首を前後に20回動かします。それで寝てください。筋疲労で硬くなった脚の血流が寝ている間くらいは改善しますから、脚が攣りにくくなります。

 

本当は、片側立ちの癖を改善して、根本的に脚が攣らない体づくりをおすすめします。

どうしても癖がとりきれない時は、当院の姿勢矯正整体を受けてみてください。

ご予約ご相談はお気軽に!

交通事故治療の方はご予約時に
「交通事故」とお伝え下さい。

ページトップへ戻る