顎関節症の体操|肩こり・腰痛・顎・慢性の痛みなら広島県廿日市の「なかまる整骨院」へ

スタッフブログ

顎関節症の体操

 

顎は、模型から見てもわかるように、側頭部にブランコの様に釣り下がっているだけです。

その顎の動きが悪くなる理由は、顎自体にはあまりないと思います。

横座りや胡坐など非対称的な悪い姿勢では、土台が斜めになりますから、ブランコも斜めになってかみ合わせが悪くなるということです。

 

姿勢の問題が解消している人の顎の体操ですが

鏡を見ながら、

上顎歯の中央のビラビラ(歯茎と唇についている)と下顎歯の中央のビラビラが、噛み合った時に、上下のビラビラが同一直線上になるように(ビラビラが同一直線上で、かつ口を最大限に開く範囲で)口の開閉運動を繰り返す。

 

これを一日、鏡を見ながら5分から10分毎日続けてください。

早い人で1週間、顎が開かないくらい悪い人でも半年で改善しています。

まずは、その傾いた姿勢を改善しましょう。傾いた姿勢がクセづいて改善できない場合はご相談ください。姿勢矯正整体をおすすめしています。

ご予約ご相談はお気軽に!

交通事故治療の方はご予約時に
「交通事故」とお伝え下さい。

ページトップへ戻る