椎間板ヘルニアの体操|肩こり・腰痛・顎・慢性の痛みなら広島県廿日市の「なかまる整骨院」へ

スタッフブログ

椎間板ヘルニアの体操

ヘルニアの特徴は、

屈曲で痛い 椎間板が後方突出

伸展で楽  椎間板が元へ戻る

 

対処方法としてマッケンジ-体操があります。

50代くらいまでが対応

起立筋をゆるめて猫背を解消することが目的

 

  1. 上向きで、腰の下に枕を置く。痛い場合、片足または両足を立てる
  2. 下向きで、胸の下に枕を置き、深呼吸
  3. 下向きで、頭の上辺りに手、顔の横辺りに手、立て肘
  4. 肘を伸ばす(僧帽筋に力を入れると肩の前側を傷めます)

 より早期に改善されたい場合は、

起立筋のリラクゼ-ションや歪みの矯正には、ゆるみ整体で、姿勢維持の筋トレに、過緊張している筋はゆるめて、弱っている筋は強化できる自動制御EMSマシ-ンで改善します。

ご予約ご相談はお気軽に!

交通事故治療の方はご予約時に
「交通事故」とお伝え下さい。

ページトップへ戻る