腰痛や背中痛のおきない座椅子の選び方|肩こり・腰痛・顎・慢性の痛みなら広島県廿日市の「なかまる整骨院」へ

スタッフブログ

腰痛や背中痛のおきない座椅子の選び方

先日、座椅子を買い換えたんですが、前に使ってた物と違い背もたれ部分が硬くて背中が痛いです
前に使ってた物は座る部分は柔らかくて背中も適度な弾力がありs字カーブになってました。
買い換えたものは背もたれが平らで硬いです

それでお訊きしたいのですが、このような場合はまた座椅子を柔らかいものに買い換えた方が良いのか、それとも背もたれにクッション等をおけばいいのか、また腰痛や背中痛のおきない座椅子はどの様な物を選べばいいのか教えて下さい

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

答え

座椅子やリクライニングシ-ト、ソファは腰痛の原因です。

使わない方が絶対いいです。

座ってしまってからの腰痛症状は、

ぎっくり腰、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、大腿部(太ももの内側がつる)

踵(かかと)の痛み、肩こり、頭痛

腰を治療した後に、痛くなる人の、再発する人のうち、座椅子使用、リクライニングシ-ト、ソファに寄り掛かった人は

必ず、腰痛が再発します。

原因は、骨盤全体が後ろへ倒れてしまうからです。

倒れてしまうと体全体が猫背になります。

・骨盤の上にのっている腰骨の一個一個の間隔が狭くなる。そうすると腰から出ている神経の出口が狭くなるので、神経障害がおこりやすい。

・本来、腰骨は前へ湾曲してスプリングの役割をしていたのが、後ろへ曲がり固まる。腰部の柔軟性がなくなり、周りの腰の筋肉が緊張する。

・腰骨の柔軟性が失われるので、間の椎間板に直接上半身の重みや捻じれが加わるので、椎間板が潰されて飛び出る(ヘルニア)症状になりやすい。または、脊柱管が狭くなり坐骨神経痛が出やすい。

まずは、座椅子やソファやリクライニングシ-トを使わないようにしながら、腰骨のバランスを改善し骨盤の歪みを治すことが先決です。

困っている人は迷わず

「ゆるみ整体なかまる整骨院」へ電話ください。0829-30-7790

初診料6000⇒4800円

(慢性腰痛であること、治療後の感想をエキテンに載せてくださること、27年6月7月初診限定、ブログ見たで電話ください)

ご予約ご相談はお気軽に!

交通事故治療の方はご予約時に
「交通事故」とお伝え下さい。

ページトップへ戻る