慢性足関節痛(術後の踵の痛み)矯正 58歳Iさん女性|肩こり・腰痛・顎・慢性の痛みなら広島県廿日市の「なかまる整骨院」へ

お客様の声

慢性足関節痛(術後の踵の痛み)矯正 58歳Iさん女性

左踵を骨折しボルトで固定して2か月松葉づえを使用した生活をしていました。

松葉杖をついていた原因で、左右の足の長さが異なるようになり、バランスが悪くなりました。正座もできないまま、ランニングは痛みが出る、あるくとびっこ(跛行)。

患者さんの声最下段

➡当院へ来る前に他の整体に通院し骨盤は矯正してもらったようでした。

なぜ、他院では治らなかったのか?

骨盤矯正だけでは足りません!!

「脚長差・正座ができない・走ると痛い・靴幅の拡張」の原因は

①骨盤の歪みだけではなく、

②股関節の前方亜脱臼

③膝関節のO脚、腓骨の亜脱臼

④足関節の距骨が上方亜脱臼

⑤足裏ア-チの低下

⑥背骨、特に胸椎の歪み

すべて矯正し安定させて、すべて解決できました。腰痛もなりかけていたのが治りました。

ise1

ご予約ご相談はお気軽に!

交通事故治療の方はご予約時に
「交通事故」とお伝え下さい。

ページトップへ戻る