miwa様38歳女性。S字側弯でのぎっくり腰の改善。|肩こり・腰痛・顎・慢性の痛みなら広島県廿日市の「なかまる整骨院」へ

お客様の声

miwa様38歳女性。S字側弯でのぎっくり腰の改善。

もともと背骨のS字湾曲を持ち、新生児の子供を抱っこしてるいるうちにぎっくり腰になりました。

4回目でぎっくり腰は完治しました。

ぎっくり腰とは、自分の上半身と抱いている子供を自身の背骨が支えきれず、周囲の筋が疲労を起こしかつ肉離れと椎骨に歪みを生じて

肉離れの痛みと歪みによる神経の圧迫痛が出現します。

上半身を支えられなくなっている時点で、慢性痛です。本来ぎっくり腰は、健康保険適用外です。

まだ、ちまたでは、ぎっくり腰を急性扱いして保険適用している危険な整骨院接骨院があります。

もし、患者紹介アンケ-トなどで、慢性が発覚した場合、自費扱いになりますし、それは犯罪ですので気を付けて受診してください。

ちなみに

健康保険適用は、電気治療と簡易的な血流改善マッサ-ジです。健康保険適用では短時間で治ることは難しいし、理論的には、

骨格の歪みを改善しませんので改善しても完治は無理です。

ぎっくり腰を、早期に苦しみから改善したい人や、根本的に改善したい人は、このケース同様に自由診療整体をおすすめします。

院長 中丸伸一

 

IMG_1183

ご予約ご相談はお気軽に!

交通事故治療の方はご予約時に
「交通事故」とお伝え下さい。

ページトップへ戻る