こころ様11歳女性。学校で脊柱側弯症の診断。左肩の高さが高く服がずれる、顔が斜めになる、日々頭痛と肩こり。|肩こり・腰痛・顎・慢性の痛みなら広島県廿日市の「なかまる整骨院」へ

お客様の声

こころ様11歳女性。学校で脊柱側弯症の診断。左肩の高さが高く服がずれる、顔が斜めになる、日々頭痛と肩こり。

脊柱側弯症。最近女の子の脊柱側弯症が流行っています。

スマホ使用などによる姿勢の乱れなど考えられます。

他には、肝臓機能、心臓機能にかかわる結果という説もあります。

しかしこれは、背骨が曲がるから圧迫を起こしてそうなる場合も大いに

考えられることです。

 

大丈夫です!お任せください!。アイキャッチ画像の写真の通りです。

骨盤の安定とその上に載っている背骨の矯正。早期ならできます。

 

成長段階で治る人がいるかもしれませんが。

歪みって、脳の記憶なんです。歪んだ状態が脳に記憶されているとほぼ自然には治るとは

思えません。

そして、治らず、歪みが助長されてくると・・・・・

①脊柱側弯症と美容姿勢の乱れ。

鎖骨の高さ・見え方が左右でアンバランス、首の前側の筋肉(胸鎖乳突筋)の太さが異なる

顔が変形する。顎関節症になる。

②慢性的な頭痛、肩こり、腰痛、ぎっくり腰の繰り返し、

背骨を庇って、首の神経痛、股関節の変形、膝の変形

長期的にに考れば、歩けなくなることも考えられます。

③脊柱側弯症と不妊。

(当院で施術した成人女性では、子供がいない女性の半数以上は側弯症をお持ちでした。)

関係はあると思います。

以上のように、

生理的機能がおかしくなるか、痛みが増すか、

手で治せなくなると、整形外科で背骨に鋼をいれる手術をされることになります。

手遅れにならないように早期改善をお勧めします。

心

ご予約ご相談はお気軽に!

交通事故治療の方はご予約時に
「交通事故」とお伝え下さい。

ページトップへ戻る