オスグッドの診断でも、痛みは完全に取れます。|肩こり・腰痛・顎・慢性の痛みなら広島県廿日市の「なかまる整骨院」へ

お知らせ

オスグッドの診断でも、痛みはほとんどの場合、完全に取れます。

少年のお母さんからの手紙です。

ドクタ-が診断したオスグッド(映像上の軟骨部の軟骨)自体は、変化していませんが。

ジャンプ着地時の痛みや、走った時の痛み、素早くフェイントやドリブルなど横や斜めに動いた時の

痛みは、またまた治りました!。元気にそのスポ-ツで活躍しています。

※これで、オスグッドと診断された少年少女の膝の痛みは、ざっと数十人は改善させてもらっています(保険外実費整体ですが)

オスグッドで成長痛だと診断して下さったドクタ-へ、誠に申し訳ありません。またまた只の、筋肉痛でした(笑)

 

なぜ治せるのか?

成長時の骨の末端の軟骨には、神経終末は延びていないから痛みが出るわけがないからです。

軟骨は痛くないのです。

関節の使い方、身体の使い方が悪いから、関節周りの筋が緊張して痛みを出しているだけです。

理由:

成長期の人がなぜ全員痛くないのか?

右足の方が、左足より痛い?・・・左右で成長速度が違うのか?

よく高齢者のひざ痛、50肩は、年だから?・・・反対の痛くない膝は若いのか?

関節がすり減っているから痛いのか?・・・神経終末がないから関節は痛くないはず。

周りの筋肉が縮んで痛みを出しつつ、関節を狭くしつつあるだけでは?

どこのだれ?が言いはじめたかわかりませんが、世の中は噓で曲がりっとおっています。

筋肉さえ元の状態に戻れば、関節が変形(体を支えられる範囲)していようが、成長期だろうが、

痛みは、画像の中には原因は無いんですよ・・・

 

%e4%b8%ad%e5%ad%a6%e7%94%9fb-1

ご予約ご相談はお気軽に!

交通事故治療の方はご予約時に
「交通事故」とお伝え下さい。

ページトップへ戻る