坐骨神経痛+脱力=椎間板ヘルニア。解消。ヤマサキ31歳男。|肩こり・腰痛・顎・慢性の痛みなら広島県廿日市の「なかまる整骨院」へ

お客様の声

坐骨神経痛+脱力=椎間板ヘルニア。解消。ヤマサキ様31男。

2回目くらいから痛みが出ないような姿勢になるように、矯正と日常生活時の注意点を指導させていただきました。

三回目以降は、痛みが出た時の対処方法や簡単な運動もご指導させていただきました。

早期改善は、本人がいかに素直(指導を実行できるか)か?だと思います。

椎間板が変形して、中の髄核が飛び出ていようが、症状が出ていない人もいます。

髄核が飛び出て、脊柱管を狭窄するのですが、低度により痺れが出たりでなかったりです。

殆どのケ-スは、出ていても、祖の影響での痺れではないようです。

なぜなら、60歳以上の腰が健常な人でも7割が

椎間板の異常があるそうです。

経験にもとづいた的確な指導をお約束いたします。

 

ご予約ご相談はお気軽に!

交通事故治療の方はご予約時に
「交通事故」とお伝え下さい。

ページトップへ戻る