体を伸ばせない、歩行が痛い、寝ていると痛い、起き上がる時痛い。原因は全て同じ五番腰椎の歪み。改善金子彰様78歳|肩こり・腰痛・顎・慢性の痛みなら広島県廿日市の「なかまる整骨院」へ

お客様の声

体を伸ばせない、歩行が痛い、寝ていると痛い、起き上がる時痛い。原因は全て同じ五番腰椎の歪み。改善金子彰様78歳

GW中に、脚を組んで長時間お茶をしている時に、不意に立ち上がったら腰部に痛みが出て、直後から動けなくなりました。

一緒にいたおばちゃんたちに支えられながら、来院。

日ごろから姿勢が悪いぎっくり腰です。

姿勢が悪いので、骨盤が回転していたということと、上半身が側弯しているの、両肩が50肩後遺症でありましたので、

上半身が歪みに歪みまくって固まって歪んで・・・その上半身を座ている時に脚を組むことにバランスを保っていました。

この度のぎっくり腰は、空のコップを例にすると、コップに汚水が少しづつ一滴一滴溜まっていき、溢れ出した瞬間がぎっくり腰。

一滴一滴の汚水は、長年の姿勢や、五十肩後遺症、ストレ-トネック、猫背、脚組みなどです。これらが総合的に作用してのぎっくり腰です。

このぎっくり腰は、さて急性腰痛でしょうか?確かに急性ですが、たくさんの汚水(慢性症状)の複合体です。

急性として健康保険で取り扱ったら、痛み止めと電気治療でなんとかしてかなければいけません。予想がつくと思いますが、それではすっきり治りませんよね。

一個一個解決するのも正しいですが、実は、五十肩、ストレ-トネック、猫背、脚組み、このたびのぎっくり腰すべてに共通する根本原因があります。

その根本原因を解決することが、すべてを解決でき、早期改善になります。そのためには、全身整体を施術することが正しいということです。

根本改善とは、一つの症状が楽になる事ではありません。すべての症状が解決できる環境を作り出すことにあります。自然治癒力が最大に発揮できるということです。

※純粋なぎっくり腰(急性~保険適用)は、重量物を運搬中に転倒しそうになったり、重量物を落としそうになり踏ん張った時に起こる腰椎の急激な歪み(その関節可動域を逸脱するような外力が働き捻挫した場合)であります。顔を洗う時にかがんだ際に傷めた・・・これは急性ではありません。既に自分の上半身を支えられなくなった腰部の使い痛みですよ。

ぎっくり腰の早期改善は、当院へお任せください。2回~6回で痛みが消え、動けるようにある人がほとんどです。

広島県廿日市市阿品4-1-23 ゆるみ整体 0829307790

平日および土曜日の夜20時まで受け付け。完全予約制。

20年以上整体経歴の柔道整復師が行う施術です。

ご予約ご相談はお気軽に!

交通事故治療の方はご予約時に
「交通事故」とお伝え下さい。

ページトップへ戻る