仕事を継続しながらテニス肘の完治。ASさん47歳女性。|肩こり・腰痛・顎・慢性の痛みなら広島県廿日市の「なかまる整骨院」へ

お客様の声

仕事を継続しながらテニス肘の完治。ASさん47歳女性。

病院の診断で右手が手根管症候群、左手がテニス肘。病院での処置は、薬と電気ということで良くなりませんでした。

整体では、背骨と首、特に首の歪みを直すことによって、肘や手首が楽になってよかったです。

実際、テニス肘と言われるものは、肘関節の外側の腱鞘炎です。

腱鞘炎は使い過ぎで炎症になるということに定義づけされておりますが、私の見解は全く異なります。

肘の関節が上手く機能しないということは、肘を動かすために連動する肩関節手首肩甲骨鎖骨背骨、および

姿勢に影響する股関節と骨盤の動きを改善することにあります。結局全身のバランスが狂うから肘に負担がくる

わけです。健康保険内で対応すると、いわゆる対処療法になってしまうので、テニス肘では肘だけの施術になってしまい

完治はできないと思われます。加えて、もう一つ重要なところは、首の歪みによる肘への運動神経の流れが悪くなっていることです。

首からの神経の流れを回復することも、全体の治療の50%は占めます。手根管症候群も同様のことが言えます。

腕を振り過ぎて腕が痛くなった・・・これは肘だけの問題ではないということです。

安いから、対処療法を選ぶという安易な考え方は捨てることです。体のことをもっと理解してもらわなければいけません。

※整骨院で保険が適用できる場合は、打撲や捻挫です(放って置いても治る物に限られています)

整形外科での保険対応は、ほとんどの痛み全てですが・・・。(対処内容があまりにも簡易過ぎて改善されない場合が多いようです)

解決できそうない痛みは、他に原因があるか、別の分野の問題かです。

整形外科や整骨院接骨院での保険対応で解決できないものは、対処療法では治らないものです。しかし、全身整体でほぼ解決できるものと思っています。

 

ご予約ご相談はお気軽に!

交通事故治療の方はご予約時に
「交通事故」とお伝え下さい。

ページトップへ戻る