慢性腰痛と脚の痺れの使い痛み改善。平川様28歳男性|肩こり・腰痛・顎・慢性の痛みなら広島県廿日市の「なかまる整骨院」へ

お客様の声

慢性腰痛と脚の痺れの使い痛み改善。平川様28歳男性

建築全般の作業で、重たい荷物を運ぶので腰の痛みやしびれがでていました。

初めは体を捻る作業だけでも非常に腰が痛かったが、2回目治療後は捻る動作の痛みの改善と脚の痺れが消失していました。

しかし、左脚の力が若干弱い状態でした。(➡神経症状の特徴は、①痛み②シビレ③筋力の脱力、とくに脱力は痛みが無いからおろそかにしがちですが、残存するとすぐに体のバランスが崩れやすくなり結果痛みが出やすくなったり、関節などが変形する原因になります。だから、脱力を改善することが最重要ポイントとなります。)

根本原因である脱力を回復させるためには、体の中の大きな歪みが無くなり、運動神経の流れがスム-ズになるとOKです。

痛みが消えてたあとの、数回施術で脳が骨格の正しい位置を記憶してくるので、大抵回復できます。

当院の治療スタイルは、根本改善再発しない身体づくりです。よって通院回数は、体が正しい骨格を記憶するまでの期間(その間は何度も矯正し、残存する硬くなった筋肉など緩めて行きます)です。ワンク-ル6回が最低限の目安です。

 

ご予約ご相談はお気軽に!

交通事故治療の方はご予約時に
「交通事故」とお伝え下さい。

ページトップへ戻る